投稿方法

SES2012 では,シンポジウム論文の投稿に EasyChair を利用しています.

下記アドレスからアクセスしてください.

EasyChair for SES2012

EasyChair アカウントの取得手順

EasyChair にログインするには,EasyChiarのアカウント取得が必要です.過去のSESなどで既にEasyChairのアカウントを取得済みであれば,そちらを使って論文を投稿することができます.アカウント未取得の場合は,以下の手順によりアカウントを取得してください.

  1. EasyChair for SES2012にアクセスし "sign up for an account" をクリック.
  2. Step 1: 画像認証を行う.
  3. Step 2: 姓,名,E-mailを入力し「Continue」をクリック.
  4. ※ 姓名は日本語でも入力できますが,トラブルを避けるためアルファベットでの入力をお勧めします.
  5. "Account Application Received"と表示され,仮登録が完了する.
  6. 入力したE-mailアドレス宛にアカウント登録の案内メールが届くので,本文中の URL を開き,アカウント名,パスワード等を入力し「Create my account」をクリック.
  7. ※ SES2012 のシンポジウム論文投稿から査読結果通知までのプロセスにおいては,基本的に電子メール以外の連絡手段は用いません.

EasyChair による投稿手順

1. EasyChair for SES2012にアクセスし,取得したEasyChairのアカウントでログイン.


2. ログイン後の画面で,上部の "New Submission" を選択.

3. 必要事項を入力.
  • Author(s):
    • 姓,名はアルファベットで記入してください.
    • 所属等は英語表記でも日本語表記でも良いです.
    • 投稿者本人の情報は,"click here to add yourself" をクリックするとEasyChairアカウント登録時の情報が入力されます.
    • 共著の場合は全ての著者についてそれぞれ記入してください.4名以上の場合は "Click here to add more authors" をクリックして著者を追加します.
    • 投稿について,システムからの通知を受け取りたい著者については "Corresponding author" 欄をチェックしてください.

    • Title, Abstract and Other Information:
      • タイトル,アブストラクトは投稿論文本文の言語に合わせて記入してください.日本語論文であれば日本語で記入してください.
      • Category欄は,研究論文であれば "Research papers" に,経験論文であれば "Experience papers" を選択してください.どちらかを必ず選んでください.
      • 論文誌「ソフトウェア工学」特集号への同時投稿を希望する場合は,"prefer Journal paper review" にチェックを入れてください.ただし,投稿システムが異なるため,投稿は別途行なっていただく必要があります.ご注意ください.

    • Keywords: 入力が必須となっていますので,論文の内容を示すキーワードを 3 つ以 上選び,1 行にひとつずつ記入してください.
    • Topics: 投稿する論文が関係するトピックスを選択してチェックしてください(複数選択可).このリストは,情報処理学会論文誌のキーワードの大項目「ソフトウェア工学」に属する中項目と対応しています.

      • Requirements Engineering: 要求工学
      • Software Analysis and Design: 分析・設計技法
      • Testing and Maintenance: テスト技法・保守技術
      • Evaluation and Management: システム評価 ・管理技術
      • Development Environments and Automated Technologies: 開発支援環境・自動化技術
      • Software Processes: ソフトウェアプロセス
      • Formal Methods: 形式的手法
      • Operations: システム運用技術
      • Misc.:その他
    • Upload Paper: 投稿する論文を指定します.投稿可能なファイル形式はPDF形式のみです.
4. 「Submit」をクリックして投稿.
  • 論文締め切り前までは,投稿した論文の差し替えが可能です.